スペシャリストの育成の方針

専門・認定看護師は、看護実践を通して職場の看護師のロールモデルとなること、エビデンスに基づいた指導ができること、専門分野において多職種のコンサルテーションを行えること、という役割が期待されており、専門性の高い当院において、ますます重要な役割を担っていくこととなります。看護部では在籍がない看護分野に関しては今後も積極的に専門・認定看護師を輩出する計画です。

専門・認定看護師の所属領域と在籍人数

  • 脳卒中リハビリテーション認定看護師
  • 皮膚・排泄ケア認定看護師
  • 緩和ケア認定看護師
  • がん性疼痛看護認定看護師 
  • がん化学療法看護認定看護師
  • 感染管理認定看護師
  • クリティカルケア認定看護師
  • 認知症看護認定看護師
  • 認定看護管理者(2名)

各分野のスペシャリストナース

  • 呼吸療法認定士(7名)
  • 日本糖尿病療養指導士(1名)
  • 消化器内視鏡技師(3名)
  • 栄養サポートチーム専門療法士(2名) 
  • 認知症ケア専門士(3名)
  • 肝炎医療コーディネーター(2名)
  • 循環器専門ナース(1名)
  • 心不全療養指導士(1名)
  • 第二種滅菌技士(4名)
  • 臨床輸血看護師認定(1名)
  • 周術期管理チーム看護師(1名)
  • JPTECプロバイダーインストラクター(3名)

 認定看護師資格取得助成制度

特定分野において熟知した看護技術と知識を用いて高い水準の看護実践者を確保する目的です。
院内規程に準じ、奨学生貸付制度適応者の資格要件に該当すれば利用可能です。
複数の職員が利用して認定看護師として活躍しています。

認定看護師の紹介 

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師

脳卒中の患者さまが、少しでもその人らしい生活が送れるように支援していきたい。

意識障害の遷延化や重篤な機能障害が残存し、苦しむ患者さんやご家族の姿に幾度となく遭遇してきたなかで、「私にはこれ以上できることはないのか?看護の力で回復に導く方法はないのか」と考えるようになり、脳卒中リハビリ看護認定看護師になる道をめざしました。

現在は脳卒中急性期患者に対する重篤化の回避のための介入や、廃用症候群の予防に向けた介入。これらに対するスタッフ指導や教育、再発防止のための患者・家族指導などの役割を担っています。生活の再構築のため、「その人らしい生活がおくれるよう」支援し、「可能性を信じあきらめない」を信念に活動しています。
また、排尿ケアチームの活動を通して、早期に尿道カテーテルを抜去し、排尿自立に導くことで患者さんのQOL向上が図れ、尿路感染の減少にもつながることを院内に広めていきたいと考えています。
 

皮膚・排泄ケア認定看護師

 

チーム医療の一員として、自分が学んだ知識や技術で褥瘡発生率・発生数の減少をめざしていきたい。

ストーマ管理を更に学び、漏れや皮膚トラブルに対処できる知識や技術を身につけたいという思いから、皮膚排泄ケア認定看護師になることを志しました。
私の知識・技術を通して患者さまには、難しいケースもありますが、「ストーマ管理は難しくない」「今までできていたことができなくなるわけではない」ということを理解していただくための支援をしていきたいと考えています。

現在、創傷(褥瘡、スキンテア、手術部位感染、下腿潰瘍など)、ストーマ、尿・便失禁などの管理やそれに伴う問題を抱えている患者さまや看護師に適切な皮膚のケアや排泄管理・指導を行うことを役割としています。

院内では褥瘡専従看護師として、褥瘡・NST委員会の一員となり、多職種とともに褥瘡やスキンテアの予防・治癒の促進に取り組んでいます。自分が学んだ知識や技術を他のスタッフとも共有し、更に褥瘡発生率・発生数の減少をめざしたいです。

 

がん性疼痛看護認定看護師

がん患者さまとそのご家族に寄り添いながら、意思決定支援を行っていきたい。

がん患者さまは、さまざまな苦痛を抱え、私たちに訴えてきます。その時に、自分がもっと知識と技術を持って患者さまに向き合えたら、苦痛は少しでも軽減できるのではないかと考え、がん性疼痛看護認定看護師を目指しました。

痛みとは身体的な痛みだけでなく、精神的・社会的な痛みも含みます。さまざまな痛みを抱える患者さま・ご家族に寄り添い、治療継続ができるように、がん告知時からその場に同席し介入を行なっています。また積極的な治療が困難な患者さまに対し、どのように過ごしたいか、その方の希望を聴きながら意思決定支援を行なっています。

今後も、意思決定支援を行い、多職種と協働しながら、患者さま・ご家族を支えていきたいと考えています。

 

緩和ケア認定看護師

がん患者さまにとってやすらぎのある療養環境を整えていきたい。

スキルアップに向けた上司からの助言がきっかけです。『緩和ケア』分野を選んだのは、がん患者さまが増えている現状において、診断初期の治療から最期の時間まで幅広く介入でき、その人らしく過ごせるように支援していきたいと考えたからです。
院内の緩和ケアチームの専従看護師として、身体的・精神的・社会的・スピリチュアルなつらさがある患者さんの症状緩和に努めています。また、ご入院された患者さまの中で緩和ケア対象者なのかスクリーニングし、患者さま・ご家族が望まれる過ごし方ができるように多職種で協働介入しております。
城山病院を選んで下さった患者さま・ご家族の信頼を得て、やすらぎのある療養環境となるように、専門職種間の連携を更に高めていきたいと思っております。

内科・血液病棟で終末期患者さまに関わる中、患者さまが希望する看護が提供できているのか、私に意思決定のお手伝いができないのか自問自答の毎日でした。その時治療期から終末期まで手厚い看護が提供でき、その人らしく過ごせるように、専門的な緩和の知識や技術を身につけたいと思ったのが目指したきっかけです。
現在は化学療法室の専従看護師として、通院で化学療法を受ける患者さまが、安全に・快適に治療が受けられ、安心して自宅で日常生活が送れるように、がん患者さまとそのご家族のサポートを行っています。
副作用対策は患者さまのQOLの維持に不可欠です。治療開始時から緩和ケアの提供を行い、副作用の予防・早期発見・対処するセルフケアの指導に力を注ぎ、治療中であっても自分らしさを維持し生活できるようにチームで取り組んでいます。

 

 

がん化学療法認定看護師


2021年の4月より城山病院で勤務しております。患者様が当院で治療を安心して受けて頂けるように外来化学療法室の環境作りに取り組んでいます。

化学療法看護認定看護師の役割としては、がん化学療法薬(抗がん剤)を安全に取り扱い、患者様に適切に投与を行う事と抗がん剤による副作用症状の緩和や患者様が、自分で副作用に対してケアを行っていけるように支援や指導を行っております。また、緩和ケアチームと連携して化学療法を受けられる患者様が安心して治療を受けられる環境作りを行う事と日々継続して治療ができるようにサポートしています。

私の目標としては、治療選択に悩む患者様の意思決定をお手伝いする事と、副作用をなるべく起こさない為に、自分自身でケアが出来るように支援をしていく事と、患者様が当院で安心して治療を受けて頂けるように環境作りにも取り組んでいます。




 各分野スペシャリスト(看護職員)

  • 呼吸療法認定士 7名
  • 日本糖尿病療養指導士 1名
  • 消化器内視鏡技師 3名
  • 栄養サポートチーム専門療法士 2名 
  • 認知症ケア専門士 3名
  • 肝炎医療コーディネーター 2名
  • 循環器専門ナース 1名
  • 心不全療養指導士 1名
  • 第2種滅菌技士 4名
  • 臨床輸血看護師認定 1名
  • 周術期管理チーム看護師 1名
  • JPTECプロバイダーインストラクター 3名