藤木 紗瑛さん
腎・泌尿器・内科病棟
2018年入職

 

目標となる先輩が活躍されていて多くのことを吸収できます

幅広いスキルを身につけたいと思い、急性期病院への就職を希望していました。城山病院の見学会に参加した際、先輩看護師のみなさんが温かく接してくださり、病棟の雰囲気も明るく、自分もここで働きたいと思いました。
働きだして驚いたのは、先輩方の働きぶりです。限られた時間のなかで患者様としっかりコミュニケーションをとって看護を展開する様子を目の当たりにして、「自分にできるだろうか」という不安がよぎりました。そんな時に先輩から「あせらなくて大丈夫。分からないことがあったら何でも聞いて」と声をかけてくださったんです。質問するとどんな時も丁寧に教えてくださり、多くのことを学ぶことができました。

 

笑顔で患者様に寄り添える看護師になりたい

新人研修で特に印象に残っているのは、ローテーション研修です。病棟だけでなくICUやER、手術室などを経験することで、治療と看護の全体的な流れをイメージできました。また急変時の対応・多重課題の研修では、優先順位をつけて行動する重要性を実感でき、その後の看護に役立っています。
これからも患者様に安全な看護を提供できるよう、知識・技術の習得に努めるとともに、忙しい時でも笑顔で患者様に寄り添える看護師になりたいと思っています。